墓じまいは遺骨の処分が問題になる

PR|松原の駅近葬儀ホール|大阪府で遺品整理の時間がない場合|

墓じまいはまず、墓じまいの意思を伝える事から始まるといってもよいでしょう。墓がある場合、当然、そこを管理している団体があるわけです。多くの場合、それは寺になります。公共の、というところもあるわけですがあくまで寺ということを前提にしますと割と面倒なことが多かったりします。まず、やめたいからやめます、というだけで済む話ではないからです。墓は撤去する事になりますし、その為の費用がかかることになります。寺によっては離檀料を支払う必要性があったりします。

高額な離檀料となる場合もあり、墓じまいのトラブルとして結構なウエイトを占めることになっています。上手く手続きができて、墓を終えたとしても問題がまだあります。それが遺骨です。遺骨の処分をどうするのか、ということを決める必要性があります。これは当然、墓じまいをする前に考えることでもあります。一つの選択肢としてあるのが、散骨でしょう。散骨をしたいと考えるのであればどこにするのか、と言う事が重要になります。また、別に遺骨の処理ですが何もしないで自宅に持って帰るということも可能です。骨を持っていると言うことは別に禁止されていることでもありませんし、特にそれ自体には手続きが必要なわけではないです。

或は墓じまいといっても別の所にする、というパターンもあります。要するに今のお墓のある所があまりにも遠すぎるから、という理由で別にお墓を買う、と言うことがあったするわけです。この場合も元が寺であればやはりやめること自体に費用が結構かかるかもしれませんが、移転先が公共の墓地などであれば追加での費用などはそんなにかからないですし、当然、あくまで別のところに遺骨を移すだけですから遺骨に関する処理には特に困ることはないです。再度の埋葬許可が必要になったりしますので手間はかかることになりますが、お骨の処理に困る、ということはありませんからある意味では楽といえることでしょう。

PR|ゴミ屋敷解消Q&A|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|AGAでお悩み解決|女性のための薄毛治療研究会|英語上達の秘訣|ダイエットチャレンジ100日|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|マーケティング経営研究.net|SEOアクセスアップ相互リンク集|