海洋葬のメリットデメリット

葬儀やお墓についての考え方も時代によって変化してきています。最近ではお墓を作らず、自然のなかに散骨するスタイルを選ぶ方もいます。火葬したあとにお骨を細かく粉砕して、山や海に散骨することになります。
海洋葬のメリットは、お墓の管理や、管理のための維持費を気にしなくていいことです。宗教や宗派は不問なので、だれでも選択できます。お墓にあんまりお金をかけられない、お墓を管理してくれる人がいない、自然のなかで眠りたいといった希望を持っている人には、魅力的な選択の一つとなっています。
一方で海洋葬のデメリットは、海でお墓参りをするときに船のチャーター代がかかることがあります。あらかじめ永代供養付きのプランにしておけば、分骨された遺骨が永代供養墓に納骨されるので、寺院にお墓参りをすることができます。遺族にとっては、お墓参りをどうするかも決めておくことが必要です。散骨という方法を選ぶには、実績があって、丁寧に仕事をしてくれそうな散骨業者を選ぶことが大切です。